新型コロナの感染対策について>

不動産仲介事業

住まいを貸す・売る

住まいを貸す・売る

不動産を貸したい・売りたいオーナー様へ

ジャパンハウジングは外国人専門の不動産仲介の会社としてスタートし、現在では各国大使館や外資系企業など数多くの法人様の不動産探しや社宅管理のお手伝いをさせて頂いております。また、口コミやご紹介で駐在員など個人のお客様にもご支持を頂いております。日本人人口が減り需要が先すぼみになる中、 再度国内需要を掘り起こし、新しいマーケットでオーナー様のご要望を実現させてみませんか。弊社では、文化の違い・言葉の違いなどで躊躇しがちな外国人のお客様の間に入り、オーナー様の不安の解消とご要望の実現のお手伝いをさせて頂きます。

ジャパンハウジングにお任せいただければ下記のような様々な問題を解決いたします。

1.外国人に不動産を貸したいが不安を抱いている、または現在、賃貸していてトラブルがある

このようなトラブルのほとんどが文化の違い・言葉の違いから発生しています。弊社ではオーナー様および入居希望者様に対してそれぞれ相互理解のためのアドバイスをさせて頂きます。オーナー様に対しては、募集時点での要望をヒアリングしつつ、早期成約に繋がるようターゲット層のご提案や価格設定、および場合によってはリフォームなどもご相談に乗っております。入居者様に対しては、日本での生活様式や文化など案内の時点でご説明し、契約書の翻訳など細かなところのサポートを行っております。発生しうる問題を事前に想定し、改善策の提案を行うことで相互に気持ちよく安心してご契約頂けます。

2.不動産を所有しており、貸すか売るか迷っている

不動産は永続性のある資産であり、運用の仕方により大きな資産形成が可能になります。どちらが最良の選択になるかはその時の状況によって変わりますが、どちらのケースにおいてもオーナー様にとって最良の策を共に探させて頂きます。

「住まいを貸す」
短期的に不在にする場合、「住まいを貸す」選択肢を選ばれる方も多いかと思います。不在期間が明確な場合、定期借家として貸しに出すことが可能です。期間に制約がある分金額は安くなる傾向はありますが、退去時期が明確なため管理しやすいのがメリットです。普通借家契約(定期契約にしない)の場合、金額は定期借家より高めに設定が可能ですが、貸主側からの中途解約には制約があり、中途解約時などの特約を設けておいた方が安心かもしれません。駐在員として来日している方などは期間が決まっている場合もあり、その場合は定期借家の方が双方にとってはニーズがマッチします。また、外国人の方は、家具付き物件を好む傾向があります。そのため、定期借家でも、家具付き物件にすることで、賃料を高く設定しても成約していただけるケースもございます。


「住まいを売る」
次に売る場合ですが、立地が良く築浅な場合は早期成約になる可能性はもちろん上がります。ただし、全てのケースがそうでは無いと思います。弊社には住まいに関する多様な価値観をお持ちのお客様がいらっしゃいます。オーナー様と購入希望者様の橋渡しを弊社がお手伝いさせて頂きます。少しでも物件価値を上げるためのクリーニング、リフォームなどのご相談にも乗らせて頂きます。また、外国人のオーナー様には同じ文化の方を繋ぐことによって早期成約が可能になります。

3.所有する不動産を効果的にリノベーション、クリーニングを行いたい

家を貸しに出す場合にも、売りに出す場合にも、状態が良好な方が成約に繋がります。弊社ではオーナー様のご要望を聞き、適切なハウスクリーニングのご提案させて頂きます。また、弊社には様々な言語対応が可能なスタッフが多くおり、様々な文化に精通しております。外国人の方へ貸しに出す場合に喜ばれる間取りなどのリノベーションのご提案も可能です。

4.国内・海外から物件管理を不動産会社に任せて家賃収入を得たい

遠方の地でなくても、入居者様とのやり取りなど不動産の管理はオーナー様に負担がかかります。賃料集金、入居に関するトラブル、クリーニング・修繕、契約更新など全て弊社が間に入りますのでご安心ください。また、非居住者様、非永住者様がオーナーの場合の家賃収入の管理なども税理士様と協力させて頂きます。